導入企業様の声

HOME > 導入企業様の声

  • ロコンド

    使いやすい管理画面で既存の検品フローを変えることなく、スムーズに導入。

    株式会社ロコンド

    デザイン・テクノロジー・マーケティング本部
    中村 昌嗣 様

    オペレーション本部
    中村 知貴 様

    コスト面のダウンが優先順位を高めた

    ロコンド様のミッションやサービスについてお聞かせください。

    中村 昌嗣 様(写真):
    弊社はファッションECを運営しており、靴をメインに販売しています。
    靴の特性上、フィッティング感がとても大切なので、これまではリアル店舗に赴いていくつかのサイズをフィッティングしてから商品を購入するお客様が多かったと思います。そのようなお客様にも気軽にECで購入して自宅で試していただき、ご満足いただけない場合は交換・返品できることをサービスの最大の強みとして運営しています。

    所属されている部門はどのような目標を掲げているのでしょうか。

    中村 昌嗣 様:
    お客様が商品を返品することの心理的障壁を下げることが目標ですね。 スマリの「配送伝票不要」「集荷を待たずにいつでも返品できる」という特性は、弊社のサービス向上に繋がっていると思っています。

    中村 知貴 様:
    創業当時から「返品が自由にできること」をサービスの特長として謳っています。 一方で返品にはコストがかかってしまいます。 お客様から返品を早く受け取り、商品を整えて在庫に戻し、次のお客様への販売機会につなげることが重要になります。 実際、返品される商品は売れている商品でもあるので、戻ってきた商品を迅速に販売するのが一番のミッションといえます。

    スマリサービスをご導入頂いたきっかけを教えて下さい。

    中村 昌嗣 様:
    2018~19年当時、返品の際には、お客様ご自身で返品受付の用紙に記入していただき、運送業者の集荷を依頼してもらっていました。 倉庫に商品が戻ってきたら開梱し、お客様の記入内容と返品物を確認するオペレーションでした。 また、現場では用紙に記入された返品理由などはデータとして打ち直す必要があり、手動のオペレーションが多く残っていたことが当時の課題で、解決策の検討を行っていたタイミングでスマリの提案をいただき、業務全体を改善するシステム化の具体的検討へ繋がりましたね。

    中村 知貴 様:
    エンジニアのリソースが限られている中で、返品に関わるオペレーションをペーパーレス化・システム化することと、スマリを導入することによるコスト面のダウンが優先順位を高めたといえますね。

    販売するサイクルが短くなることで、売上にもつながるのはメリット

    スマリ導入後の率直な感想はいかがでしょうか。

    中村 昌嗣 様:
    現状、スマリによる返品は他の運送業者よりも1日早く倉庫に戻ってきます。売れ筋商品でもある返品商品を、再度販売するサイクルが短くなることで、売上にもつながるのはメリットと言えますね。 また、2020年からの関西・中京展開、2021年春に3,000拠点に展開され設置拠点が増えたことが印象的です。 2021年秋には駅にも設置されたことを含め、設置拠点が拡大したことで、お客様へスマリをご案内しやすくなりましたし、スマリを使った返品数も増えています。

    中村 知貴 様:
    現場としては、全く不満はないですね。 配送トラブルやイレギュラー事象はほぼなく、配送クオリティーも高いと感じています。

    スマリを導入した結果のCS(カスタマーサービス)業務についてはいかがでしょうか。

    中村 昌嗣 様:
    お客様からの主な問い合わせは、投函できる箱のサイズやスマリボックスの利用方法ですが、CS(カスタマーサービス)業務を圧迫する程の量はなく、導入によって大きな負担が生じなかったこともメリットといえますね。 また、お客様からのクレームもほとんど発生しなかったことも良かったと考えています。

    倉庫内の業務課題やスマリ導入効果についても教えて下さい。

    中村 知貴 様:
    既存の返品配送に加えて新たにスマリが加わったわけですが、導入当時はそれまでの業務の流れを変えずにスマリで返品を扱うことが課題でしたが、既に解決しています。 スマリボックス設置拠点が増えるにしたがってスマリを使った返品数も増えていますし、その結果、配送料のコストダウンにもつながっています。

    システムの導入障壁がとても低かった

    CtoB向けの配送(返品・返却、買取等)サービスを検討している他の企業様にアドバイスをお願い致します。

    中村 昌嗣 様:
    スマリはシステムの導入障壁がとても低かったことが印象的です。 また、スマリ独自の管理画面も非常に使いやすく情報も見やすいですね。 サービス担当者のフォローも手厚いので、ぜひとも導入の検討をおすすめします。

    中村 知貴 様:
    スマリを利用することで既存業務の流れと違う動きが必要であれば、導入を見合わせたいというのが倉庫現場の意見でした。また、送り状に名前が書いていないことへの不安もありました。 実際は他の配送事業者で行っていた業務の流れの中にすんなりとスマリを導入できましたし、配送事業者ごとの個別のオペレーションは不要でした。 また、お客様にとっては返品手段の選択肢が増えたことで利便性が向上したと思いますし、送り状を書かなくて良いこともあり、一度スマリを使ったお客様は他の手段は使わないですね。

  • ブランディア

    スマリボックスは優れたUI/UXなので発送作業がスムーズに実施可能。

    株式会社デファクトスタンダード

    マーケティング部 マネージャー
    山崎 真澄 様

    導入するにあたって、システム改修もほぼなかった

    デファクトスタンダード様のミッションやサービスについてお聞かせください。

    「モノの価値を見出し」「モノに価値を与え」「モノを通じて人と人をつなぐ」をコンセプトにインターネット専用買取サービスを展開しています。また、実店舗への拡大も行っています。弊社はリユース業ということで、地球環境や循環型社会への貢献は重要と位置づけており、社内でもSDGsは意識しています。例えば、買い取り出来ないアパレル品はリサイクルとして店舗の壁面素材(建材)として使用しています。

    所属されている部門はどのような目標を掲げているのでしょうか。

    買取金額の達成(宅配買取の売上を上げること)がミッションです。 お申込みいただいたのに商品が発送されないこともありますので、お客様から確実に発送いただくことが重要です。 その点では発送時のUI/UXを改善していくことを大切に思っています。 ECでの購入は一般的になってきましたが、お客様が発送作業をするというのはまだまだ一般化していないと考えています。 いかに「送る」作業を面倒なく体験いただくかが重要だと思っています。
    お客様からいただいている課題として
    ・時間帯が限られていること
     -本人確認の問題で自宅集荷が大半を占めている為、時間が拘束されてしまう
     -集荷の時間帯も最終21時以降から早朝は選択できない
    ・コンビニ発送もやっていたが出すのに難がある
     -コンビニカウンターが面倒(経験の浅いスタッフなど)
     -非対面・レジ待ちなしで発送したい

    スマリサービスをご導入頂いたきっかけを教えて下さい。

    前述の課題解決がミッションですので、スマリはとてもフィットするサービスでした。 導入時の問題も特になかったですし、導入後も問題は起きていません。 導入するにあたって、システム改修もほぼなかったのも良かったですね。

    問い合わせやクレームもなく、スムーズに導入できた

    スマリ導入後の率直な感想はいかがでしょうか。

    何も変えずにスムーズに導入できたのは大きいですね。 物流現場における着荷時の確認も、送り状にバーコードがあるので、既存オペレーションを変える必要がありませんでした。

    お客様へはスマリ導入直後から大きなプロモーションはせず、多様な発送手段から一番便利な方法を選んでいただきたいというスタンスで始めましたが、導入当初からご利用いただく事ができました。 問い合わせやクレームもなく、スムーズに導入できた印象を持っています。 また、スマリ担当者との連携は全く問題ありません。

    CtoB向けの配送(返品・返却、買取等)サービスを検討している他の企業様にアドバイスをお願い致します。

    スマリの導入ハードルはかなり低いと思います。 弊社の場合、LINEで商品受付用QRコードを発行する方法を採用しているので、発送時のシステム連携はありません。 また、スマリボックスはお客様へ利用方法のしっかり説明しないでもご利用いただけるUI/UXなので、発送作業もスムーズに行っていただけると思います。

  • エアークローゼット

    弊社のビジネスモデルを考慮した提案が積極的に有り、信頼できるパートナー。

    株式会社エアークローゼット

    SCMグループ グループ長補佐
    兼 フォワードロジスティクスチーム リーダー
    志村 卓也 様

    要望を満たせるプラットフォームを創るというミッションにマッチ

    エアークローゼット様のミッションやサービスについてお聞かせください。

    弊社のビジョンは「“ワクワク”が空気のようにあたりまえになる世界へ」です。 また「発想とITで人々の日常に新しいワクワクを創造する」をミッションに掲げています。 サービスをご利用いただくことで「お客様に合ったパーソナルな体験の提供」「人とモノの最適な出会いの提供」「ひとりひとりの時間価値の最大化」を提供いたします。

    所属されている部門はどのような目標を掲げているのでしょうか。

    私たちのグループでは、物流・サプライチェーン基盤となる新しいプラットフォームを創ることをミッションにしています。

    スマリサービスをご導入頂いたきっかけをお教えて下さい。

    提案をいただいた際には「導入するには…」といった初歩的な所から協議をさせていただき、プロモーション方法や動画撮影も検討したのを覚えています。 スマリには「返却の配送」という点に珍しさを感じました。 弊社はファッションレンタルサービスを行っているので、ビジネスモデルとして返却が前提となっています。 10秒で返却できる簡単さも魅力的で、スマリは弊社サービスととてもマッチしていると思いました。 よりよいサービスにしていく上で、要望を十分に満たせるプラットフォームを創るという私たちのミッションともマッチしていました。 また、コンビニ返却が完全に主流になってきた中で、簡単に導入できる点もスマリの魅力でした。

    システム的にも複雑なものはなく、早いスピードで導入できる

    スマリ導入後の率直な感想はいかがでしょうか。

    「早かった、家の周りにも欲しい」「他コンビニよりも早く発送できるし並ばなくて楽だ」などの声をご利用者さまからいただいています。

    エンジニアのリソースが限られている中で、スマリとの連携はシステム的にも複雑なものはなく、早いスピードで導入できるシステム設計だと思います。 導入のハードルは低かったですね。 返却品のトレースができる管理画面があるところもしっかりしていると感じた点です。 また、倉庫での荷受時に1品毎にサインや押印が不要で、現場側でも運用がシンプルなのも良かったと思っています。

    導入当時は(認知度の問題なども有り)ご利用者様のご都合で、急遽投函をやめる事象等も発生しましたが、利用ガイダンスの整備などを行い、素早く課題解決ができました。
    総じて真摯に対応していただいています。

    弊社のビジネスモデルを考慮した提案が積極的に有り、信頼できるパートナー

    CtoB向けの配送(返品・返却、買取等)サービスを検討している他の企業様にアドバイスをお願い致します。

    コンビニ返却が主流のなか、通常ならシステム開発に3~6か月かかることもありますが、スマリなら1~2か月程度で導入できると思います。 短期間でコンビニ返却を利用開始できることは大きなメリットです。 システムもしっかりしていると感じています。 また、サービス利用者様にとっても、スマリのUIはシンプルで分かりやすいです。 キャンペーン施策等、弊社のビジネスモデルを考慮した提案が積極的に有り、信頼できるパートナー企業だと思います。

資料請求、お問い合わせ|返品・返却・発送、CS向上でお困りの方

返品・返却・発送、CS向上でお困りの方

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。